銀河観音と出会う2~おかえり私~

銀河観音と出会う1 はこちら。

その銀河観音に出会ったとき、私は全くその画を買うつもりなどなかった。欲しいと思ったわけでもない。勧められたわけでもない。でも気がついたら私のもとに来ることになっていた。びっくりだ。

そもそも言った通り、あまりにも美しすぎてちゃんと見ることが出来なかったし、来てもらうには相応しいような住まいでもないという思いもあった。実際のお値段だって決断するには勇気のいる価格だ。普段だったら、というかこれまでの私だったら買わなかっただろう。

でもなんだか気がついたらそういうことになっていたとしか説明できない。

それで実は買うことになってしまってから、買ってしまったんだ、どうしよう?と私のアタマの中であれこれ言う声が始まった。

でもこれも、そういう(高価な、美しい、素敵な、とか素晴らしく価値のある良い)ものに自分は値しない、という制限だということに気づいた。

自分のペイできる範囲の最高は求めても、それ以上は最初から望むことさえしない、だってそれ以上いいものなんて思いつきもしないんだから。ゲンジツテキデナイから。

そもそも現実ってなに?ということもあるけど、まずは自分のアタマで考える最高のモノ・コトでさえ、制限でしかないってこと。そして、こういうのもう本当にやめよう、と思った。宇宙が与えてくれるものは想像を遥かに超えているんだから。

私の銀河観音は目を伏せている、半眼のように。どうしてだろうと思ってその表情をよく眺めて考えた。そしてわかった!

目を伏せているのは自分の内面をみているから。彼女は自由が好き。内奥にある本当の自分と繋がって遊んでいる。だから決して孤独ではない。だってその時創造の喜び・愛=宇宙は果てしないから。

彼女はヒメだ。子どものような純粋さを持っている。決して女神や聖母のようにはなれないけど。

そういう風になりたいと思って人と比べ、そうなれない自分に落ち込むばかりだった。今だって気を付けていないとエゴの囁きを聴いてしまいそうになる。でも、どんなにがんばってみたってなれっこない。だってエネルギーの性質が違うんだから。いい悪いではない。そもそも単に性質が違うだけ。そう気がついたらなんだ、そうだったのか~ってすごく楽になった。もう本当にムリは効かない。時代的にも。

そして思った。あるがままの自分で、あんまり頑張ることなく自然にいたら、みんなもっとずっと幸せになれるんじゃないかな。そんな人が増えたら世界はもっと平和になるに違いない。

今が苦しい人もいいんだよ。絶対大丈夫、だってみんなが通る道。だから大丈夫。

読んで下さってありがとうございます。

銀河観音と出会う1~おかえり私~

先日、リアル観音様にお会いした。

その方は今、ただ是非ともお会いしたくてご連絡した初対面のわたしを、ようこそいらっしゃいました、と温かく迎え入れてくださった。

隣でお話している間はずっと、その慈愛に満ちた瞳から目を離せなくなり、失礼とは思いながらも何度もただじっと見つめてしまった。

部屋に入ると、壁にはその方が描かれた水墨画の観音様が掛けてあった。それらの画と対面するようにソファーに座った時から、私にはすぐにもうとても気になってしかたない画があった。だから気になるものを選ぶように言われたとき、私には何の迷いもなかった。それより強烈ではなかったけどもう一つ気になる画があったのではじめはそれも含んだのだけど、今思っても、選ぶのは結局あの画以外にはなかったと思う。

その方は私に、あなたは自分のことをよくわかっている、と言ってくださった。そして選んだ観音様が私にそっくりでびっくり、と何度も仰った。私が来るよりずっと前に描かれた銀河観音なのに髪型も、その時つけていたパープルのアイシャドーも、伏せているけど上を向いたらパッチリして大きい目もなにもかもそっくり、とってもきれい、と。

手に取ってみて、と言われ近くで見る観音様は、ちょっと近寄りがたいほど、直視するのはためらわれるような透明で繊細な美しさを放っていた。

そして、選んだ銀河観音は本当のあなた自身なんですよ、あなたの魂の、と仰った。

私が孤独でさみしいと打ち明けると、アーティストというのはそういうものです、あなたは内側に入って表現していくタイプ。でもその孤独を表現した時、必ず同じように孤独を感じている人たちが気がついてあちらこちらでぽっ、ぽっ、と手を挙げます。そうしたら、その人たちとこうして横にならんで手をつないでいったらいい、そしたらその輪は大きくなります、と言ってくださった。

そうなのだ。何より自由でいたい、独自の道を歩みたいと思っていながらも実は、とっても個性的、独特と言われる度に他所を見ては人と比べてどうして皆のようになれないんだろうと落ち込み、影響を受け易いところもある。

孤独だからこその自由。自由であるが故の孤独。

だからこそ、それまでずっと燃え続けていた胸の中の情熱の炎が突然消えてしまったことに狼狽えてしまった私は、変化の時とぼんやりと気づいていても、未知の深い内面の淵に立ちこれからたったひとりで降りて行かなければならないことに、それが望みで喜びでもあるとどこかで知っていながらも、怖気づいて泣いていたのだ。出来るなら誰か一緒に行ってくれる人はいないかと。でもそんな人はいない。みんなひとりで行かなくちゃならないのだ。

でもはっきりとそう言われた。そしてなんと、私のためだけに降りてきたという歌をその場で歌ってくださったのだ。その歌は何度も、ごめんね、ごめんね、と繰り返した。私の代わりに私の魂のために。私は泣いた。

誰かたった一人のために全身全霊で歌を歌う。

そんなことしてもらったのは初めてだったし、もう一度そんなチャンスがあるかどうか分からない。でも確かに思いは届いた。あの時、私はものすごい紫色の光に包まれた。

帰り際、ハグしてもらった時、ずっと背の高い私の頭をいい子、いい子と言って優しく撫でて下さり姿が見えなくなるまで見送って下さった。

そしてこれも、アミ小さな宇宙人が繋いでくれたご縁のようだ。

こうして思いがけず、突然に銀河観音様を我が家にお迎えすることになったのだけど、続きはまた今度。

これから色々新しく動き出します。少しずつお知らせしていきますね。

読んで下さってありがとうございます。

切り紙WS「花のポップアップカードをつくろう」

久しぶりの更新、切り紙ワークショップと展示のお知らせです。

今回は花のポップアップカードを作ります。

切り紙WS「花のポップアップカードをつくろう」 

11/3(土)13~15時 @杉並区立阿佐谷図書館

*下記日程で、切り画展示も同時開催です。

10/27(土)~11/9(金)@同阿佐谷図書館内

以前6年生向けに行ったワークショップでは360度開くスタンド式のものをみんなで作りましたが、今回は対象が小学生以上ということで、小さな子でも作りやすいように180度のものも用意しましたよ。

残念ながら今回の募集は区内在住の方のみ。

そうでない方はまた次の機会を待っていてくださいね~!

Lily of the Valley

スズラン、谷間の姫百合。
小さな花の、純白さを表すような、高貴で上品な香りが大好き。

花言葉は「幸せの訪れ」「純潔」。

じっと見ていると、その鮮やかな白のなかに吸い込まれそうな。
あんなにも小さな一粒一粒の花は、みな正確に、鈴のかたち。
精巧で美しい神様の造形物。

鈴生りの白い花。聖母マリアの涙。聖なる香り。

美しいあのひとへの贈り物。

Inner Child から Wonder Childへ~WS in アトリエYS

5/2~6の5日間、吉田エリさんが主催するアトリエYSの表現アートのワークショップに参加した。

このアトリエでは、自分の源と切り離されてしまい、本来の自分を見失って苦しんいるすべての人に必要とされる創造性を取り戻すための様々なワークショップを提供している。”誰のためのアートなのか?”自分を縛っている枠から抜け出せなくて苦しんでいた私を救ってくれたのは、やはり、”表現することーアート”の力でした。

自分の源と繋がり、誰のためでもない、自分のなかの子どもを喜ばせる。そのために全身全霊で取組んでいくこと。
何度も落ち込むことはあっても。そして“Life is Gift.” どんなことも本当はそうなんだ。どこまで行けるかな?その感謝の気持ちを持って。
それがこれからの私の挑戦です。

Sanctuary 2018

ご興味のある方はこちらのレポート(ほぼ原文のまま)をご覧ください。