感情の器ーエゴの囁きにご用心!2

昨日エゴという名の幻しについて書いた。エゴの囁きにご用心!ー 1

そう、それは幻なのだ。幻想、実体はない。

なのに、簡単に惑わされてそれが自分の本質だと思い込むから厄介なのだ。

だから、良い悪いの判断をせずに客観的であることが大事になってくる。簡単ではないけど、ね。

これは全部繋がってくるから記事も前回からシリーズものになるよ。

今年の4月だったと思う、アトリエYSを主宰されておられる吉田エリさんのカウンセリングを受けた時、感情の器ということを教わった。

その時の覚書をここで改めて書くことした。長くなるけどお付き合いください。

ベン・マイケルセンの「スピリットベアにふれた島」(Ben Mickaelsen ‘Touching Spirit Bear’ )。

偶然目にして手に取ったのは、アトリエYSのワークショップ「Inner ChildからWonder Childへ」に参加した直後のことだった。

父親による長年の虐待、母親によるニグレクト。両親に愛されていないという孤独と恐怖、劣等感、人生に対する無力感と絶望のなかで生きていた15歳の少年ベン。

それらの感情が強大な怒りという生き物になった時、少年は自分の感情をコントールすることが出来ない。そしてそのせいである日、クラスメートに障害が残るような大怪我をさせてしまうのだ。

ベンは、ネイティブアメリカンの知恵であるサークルジャスティス(Circle Justice)という手法で裁きを受け、ビジョンクエストを通して自分と向き合い変わろうとする、深い魂の救済の物語である。

感情は自分自身そのものではない。私達の多くはそこを勘違いする。

でも、ワークショップに参加し、気づいた。

感情は私の一部ではあるけれど、私自身ではない。

感情はただ単に起こるもの、湧いてくるもの。それだけ。感情に良いも悪いもない。

自然に起こるもの。

感情そのものはただの感じ方のバリエーションにすぎない。

だからネガティブな感情を持ったからといって自分を責めることなんかないのだ。

 

感情はただ起こり、私の一部ではあるけど私の本質ではない。

 

客観的であるというのは、感情を感じてはいるけどそれが自分の本質とイコールではないので切り離して考える、という状態だ。ややこしいけど。

 

感情に囚われ落ち込んで、自分を責め無気力になる、というループに陥るのが私の長い間のお決まりのパターンだった。

分かってはいても、いろんなことを試してみてもそこからなかなか抜け出せなかった。

 

感情をただ感じてるなあ、と味わって認めたら、それを入れる入れ物・器をつくってイメージでそこにただ流す、ことを教わった。

そう簡単なことではないけれど、囚われると厄介なものだからこそ、客観的でいられたらずっと楽になる。

 

変化にも進化にも、時間がかかる。

だから諦めないで何度転んでも、何度でもまた立ち上がってそこから始めればいいよ。ね!

 

読んで下さってありがとうございます。

エゴの囁きにご用心!

ここしばらく落ち込んでいた、またしてもエゴの囁きに負けてしまっていた。

サンクチュアリ~Gate 私の立ち返る場所。

今年の私は、年初からずーっと、これでもか~!というくらいに強制的に門が閉まるみたいなことの繰返し・・・

もう完全にわかっているのに、それでもまだ性懲りもなく、言ってみれば誰かが創り出したいわゆる世間一般のまっとうな生き方にしがみつこうとして、その度にバンッ!!という具合に、ハイ、強制終了~!ってな感じで締め出されることの繰返し。

もう本当にいい加減にしろ~!分かってんなら潔くさっさとこっちに飛び込め~ってことだ。

落ち込む必要なんかないのに、そんな時には必ず、トラウマとかDNAに染み込んだ自己否定、罪悪感という名のエゴが、さあ、ここぞとばかりに勢いづき囁き始める。

ああ~、なんてダメな私。

こんなことだからいつまでも一人前になれないんだよ、全く。

ぐちゃぐちゃ言ってばっかで何にも努力してないじゃない、だから何の結果も出せないんだよ!

どうせ誰の役にも立たないダメな奴だし。

そんなこと出来たってそんなの何の役にも立たないじゃん。

とかとか・・・

 

当然落ち込んでいるから、私の中のワンダーチャイルドはすっかりエゴの囁きにやられて、最初は泣いているけど段々とそれを跳ね返す気力もなくなって殻に閉じこもり、終いには無気力に陥りうんともすんとも言わなくなる。

今回も、またエゴの囁きを聞いてしまった。

感情は起こって当たり前、だけど自分自身そのものではない。

私の一部ではあるけど私の本質ではない。

 

そもそも、失敗も成功もないし、いい悪いもない。

何度でも言う。

ただの経験、ゲーム。

なのに、このエゴ、刻印された罪悪感や自己否定というやつは手ごわい。

 

そして思い通りになんかならなくて当たり前!

それが地球、というところらしいし、そんなことそもそもわかって来ている、らしいけど。本当はみんな。

 

苦しむ必要なんかまったくないのだ。

分かっているのに、それでも引っかかってしまう・・・

まあ、それがなくなったら身体を持って生きている意味がない?

それさえも、楽しめってことかあ~。

 

読んで下さってありがとうございます。

進化したアート~現在完了形の展示作品

切り紙ワークショップ「花のポップアップカードをつくろう」@阿佐谷図書館

「切り紙の世界」企画展示の続き。

今日は、ペーパーインスタレーションのお話です。

先日、失敗から進化へ~現在進行形のアートで書いたコラボ企画のインスタレーション作品の展示。

実はあの後スタッフの方から、来館者の方たちの評判が良い、という報告を受けていた。

自分では意外だったのだけど、他人がどう感じるかということだけは全くワカラナイモノダナア~・・・。

しかし、せっかくなので少し手直し→進化、させてみました。

切り紙のパーツの量を増やし、全体のかたちを整えてみた。で、今回の完了形はこんな感じ。

うん、前よりいい感じに進化した!(壁面の切り紙はスタッフさんの手作りです。)

いろんな条件があるなかで難しい面もあったけど、何より関わってくれた人たちや来館者のみなさんが喜んでくれるものが出来たのは素直に嬉しい、と思いました。

今回はほんとうにいろいろ学べたなあ。

ここで得た経験は次の場面で必ず活きてくると思う。

いろんな応用も可能だし、既にこれを更に発展させた新たなビジョンもはっきりと芽生えている。

やる気満々だ、嬉しいなあ~。

こうしてればきっと実現するのだ。

この機会を与えて下さり全面的にサポートしてくださったスタッフの皆様に、この場を借りてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

 

切り画作品展示&ペーパーインスタレーション

10/28(日)~11/9(金)@同阿佐谷図書館内

 

今日もありがとうございます。

「切り紙の世界」企画展示

阿佐谷図書館での切り紙ワークショップ「花のポップアップカードをつくろう」は終了致しましたが、図書の企画と連動した作品の展示は今週いっぱい続いています。

 

今回フレームの作品は2点のみですが、これまでのナラティブな作品とは異なった幾何学的な文様の切り紙作品を展示しています。

これは多分に、ナイフではなくハサミという道具による影響と、これまで以上にシンプルに、紙という素材をどう料理するか、という点に着目している結果として生まれたものです。

今後は更に、紙の表現の可能性により深くコミットした作品に挑戦していきます。

 

切り画作品展示&ペーパーインスタレーション

10/28(日)~11/9(金)@同阿佐谷図書館内

 

今日もありがとうございます。

切り紙WSレポート~世界に一つだけの花が咲いたよ

阿佐谷図書館での切り紙ワークショップ「花のポップアップカードをつくろう」は、本日無事終了致しました。

様々な年代の皆さんで一斉に取り組んだバラの切り紙。

花びらや茎の色の組み合わせにそれぞれ工夫を凝らし、思い思いのカラフルな切り紙の花が咲きました!

同じ型紙を使っても、色の組合せで、出来上がりの印象ががらりと違って見えます。

毎回、不思議とひとつとして同じものはありません。

最後は、お互いの出来映えを鑑賞して、それぞれの色の使い方に感心したり褒めあう声も。

細かい切り線にもじっくり取り組み、2時間集中が途切れることなく真剣な作業。

きっと、それぞれの心にも美しい花が咲いたことでしょう。皆さんの笑顔がそれを教えてくれました。

ご参加下さった皆さん、ありがとうございました。

そして、当日までの準備とスムーズな運営にご尽力下さった阿佐谷図書館のスタッフの皆さんもありがとうございました。

 

作品展示は来週までご覧頂けます。

切り画作品展示&ペーパーインスタレーション

10/28(日)~11/9(金)@同阿佐谷図書館内