Liverpool Book Art Exhibition ‘Frankenstein or, The Modern Prometheus’ in 2018

現在、イギリスのリバプール中央図書館で開催中のリバプールブックアートの展覧会「フランケンシュタイン~現代のプロメテウス」」に出品中です。
メアリー・シェリー著「フランケンシュタイン」生誕200年を記念して企画されたこの展覧会。世界各国のブックアーティストたちがそれぞれのアプローチで独自の「フランケンシュタイン」をアートとしての本というメディアで表現している。

Pandora’s Box/パンドラの箱 2018

フランケンシュタインは映画の影響で、”つぎはぎだらけの醜い顔をした怪人”のイメージが定着してしまっているが、実は怪物を造った生みの親である博士の名前である。現代のプロメテウスという副題がついているのも、死人を寄せ集めて人造人間を造りだしてしまった博士の姿が、天界から火を盗んで人類に与えた古代のギリシャ神プロメーテウスと重なるところがあるからだろう。
人類が決して犯してはいけない神の領域に踏み込んでしまったフランケンシュタイン博士の行為は、禁じられた箱を開けてしまい人間にとっての厄災を解き放ってしまったパンドーラを私に喚起させた。そこで、今回のプロジェクトは箱のかたちを採用した。

箱の蓋の内外に記されたテキストは以下の通り。いずれも本文からの抜粋である。

“Did I request thee, Maker, from my clay
To mould Me man? Did I solicit thee
From darkness to promote me?-”

“A strange multiplicity of sensations seized me, and I saw, felt, heard, and smelt, at the same time”

 箱の外と内は、怪物が初めて自分の意識を持った、言い換えれば怪物が生まれた瞬間にいた森の中である。それを表すために植物の葉を顔料によるスパタリングで何層かに重ねて装飾した紙を使用した。

箱の内側の底の鏡は、水、反射するもの、写すもの、である。

丸くくり抜いたテキストは怪物の意識、言葉や細胞を、そしてそれらを繋ぐ赤い糸は血管や神経を象徴している。赤い糸が意識を繋ぐことで怪物の自我が生まれたのだ。

博士は自らの行いを後悔するが、それは既に禁断の箱を開けてしまった後のことであった。

展覧会は、8月9日まで。その後、巡回します。

Liverpool Book Art Exhibition,  celebrating the 200th anniversary of Mary Shelley’s Frankenstein / Running until 9 August.

Following the great success of 2016’s ‘Shakespeare Now’ exhibition, organisers will be celebrating 200 years since the first publication of Mary Shelley’s ‘Frankenstein or, The Modern Prometheus’ in 2018.

I’ll state my concept for this project below.

Frankenstein’s ambitious action reminded me genetic manipulation in our time. In other words, he stepped into a forbidden area beyond the power of human-being. The idea let me imagine the story of Pandora’s box. I found that there’s some similarity between the two in the point they opened a forbidden box. This is how the creature was created by Frankenstein and the reason why I applied box format in this project as well.

The box itself represents woods where the monster was born. He awoke as a man-made creature in this place.
Here’s text from the book on the box;
“Did I request thee, Maker, from my clay
To mould Me man? Did I solicit thee
From darkness to promote me?-”

When you open the lid, you see another text; “A strange multiplicity of sensations seized me, and I saw, felt, heard, and smelt, at the same time”

The tequnique I useed for the cover paper was spattering with leaves and Japanese pigments.  I think that the decorative one made in the layers of printed plants was effecitive in the use to create the atomosphere surrounded by woods.

A mirror in the box represents water or something to reflect. When the creature saw his figure reflecting in a stream, he found it was himself.

Text drops have metaphorical meanings such as the creature’s words, moreover his cells. Those drops are linked together by red thread which is a metapher as his blood or nerve. What I tried to express inside the box was the state of the monster’s consciousness. This is how I interpreted the story and reconstructed it as a book object.

2018.5.14~8.9 Liverpool Cenral Library Hornby Room

2018.9.17~2019.1.26 Kirkby Gallery, Knowsley

 

New Work!~Dance~

Today I brought some of my papercuttig works to Asagaya Library. They are now shown with books featuring paper cut and will be displayed till the 5th of November. I will also deliver the papercutting workshop on the 3rd of November.

This time I used a pair of scissors for my work as well. It was my first challenge and lots of fun, especially to make a collage with many cut outs of the same forms.

今回は、初めてハサミのみを使った作品に挑戦しました。ナイフを使う時と圧倒的に違うのは、ハサミだと同じモチーフをたくさん作れるということ。だから、紙の上で葉っぱや石を並べるみたいにいろんな風にコラージュ出来る面白さがあることに気づきました。並べ方で全く表情が変わるのが面白くて、延々と並べ替えをするのが楽しすぎる!ハサミを使った作品も増えそうです。
作品は、阿佐谷図書館で今日からご覧頂くことが出来ますのでぜひ!展示は来月5日(日)まで。3日(金・祝)は、切り紙のワークショップも致します。募集も始まっています。ポスターを作って下さいました。詳しくはこちらまで。

 

Preparation for Workshop of Papercutting~Vine~

前回に引き続き、準備編のご紹介。今回の阿佐谷図書館での11月3日(金・祝日)の切り紙ワークショップは、秋の蔓植物「ぶどう」をつくります。支柱の茎と部分の蔓を渦巻きに切り取って、葉と実をたくさん切っていきます。切り取ったモチーフを並べてみました。

これだけで標本やコラージュを楽しめそうです。
葉と実を支柱の渦巻きに通していくとこんな風。まだ平たいまんま。

しかし、この平たいものを持ち上げるとほら、ゆらゆらゆれる立体のモビールに!

この変化が紙って面白い!色の組合せもいろいろ楽しめる切り紙のワークショップ、ハサミと紙さえあればどこでも誰でも出来るところが魅力のひとつでもあります。夢中になって無心になれる時間もまたいいものです。この秋、チョキチョキと紙と遊んでみませんか。

Preparation for Workshop of Papercutting~Moth~

11月、久しぶりのワークショップを致します~。只今切り紙ワークショップ@阿佐谷図書館 の準備中。『ハサミでつくるゆらゆらゆれるペーパプランツ ぶどう』をつくります。新しくmothの型紙をつくりました。今回はモンキクロノメイガとムクゲコノハを。切り紙を並べてみたら美しい標本のようになりました。

重ねるとこんな風に。

色の組合せをいろいろ楽しめるのが切り紙の面白いところ。色のエネルギーを楽しんでほしいな。ついでにめでたいゴージャスな赤とゴールドで父の誕生日カードも作ってみましたyo~!

Paper Cut Workshop for Mother’s Day @Amuse Museum in Asakusa

I will deliver Paper Cut Workshop for Mother’s Day during a group show at Amuse Museum in Asakusa next week. The participating artists and makers are Mieko Okazaki, a Sakiori weaver, Saori Hibi, a beeswax maker and Mayumi Arakawa, a paper artist. Please come and see our art and craft works. Of course, for workshop, too!

25-30 April 10am-6pm ( 30 April :close at 4pm)*Entrance Free

Venue:Amuse Museum2nd Floor Gallery Space